本文へ移動

社員教育・キャリアアップ

スター制度

スター制度とは

「スター制度」とは、MVWグループの職員に対し、その職員の一般常識や介護技術、ケアマネジメント技術のレベルに応じて「スター」を付与する制度です。「スター」とはそのレベルを対外的に表示する☆印のことです。一般的にはスターは「星」という意味ですが、芸術や学問など、ある分野における「花形」、「主役」などの意味もあります。その昔「スター誕生!」というテレビ番組がありましたが、まさしくこのスター制度も当MVWグループ内において介護業界の「スター」が誕生して欲しい、スタッフ一人ひとりがスターであってほしいという願いを込めて制度化したものです。


スター制度の目的

スター制度は、MVWグループ社員一人ひとりの現状の「スター度」を測定し、スター・アップのための自己研鑽を行うことによって必然的に『社員の品位と技術の向上』を図ることを直接の目的とします。しかし、スター制度に期待する効果はその社員個人のスター度(社員としての資質や技術)の向上にとどまらず、これらスター性をもった社員が集団となってひとつの事業所を形成することによって『介護事業所の質の向上』となり、更にこのような事業所が増えていくことによって『介護産業全体の発展』につながるとことです。
このように、MVWグループが『介護産業の発展のための新たなモデル』となり、それを支えるMVWグループ社員が『介護従事者の社会的地位の向上』の先駆者となることを目指しています。

スターの種類

《サービス・スター》
グループ社員全員に対して、社会人としての一般常識やビジネス・マナーの向上を目的として、自身の現状レベルの確認および今後の課題を等級化しています。
 
《ケア・スター》
グループ社員のうち介護職員について、介護技術・知識の向上を目的として、自身の現状レベルの確認および今後の課題を等級化しています。
 
《ケアマネ・スター》
グループ社員のうちケアマネージャーについて、ケアマネジメント能力の向上を目的として、自身の現状レベルの確認および今後の課題を等級化しています。
 

スター制度の構成

スター制度の構成は次のとおりです。

 

 

スターの種類

階級数

対象者

サービス・スター

6階級

全職員

ケア・スター

5階級

介護職員

ケアマネ・スター

4階級

ケアマネジャー

 

スター制度と社内評価制度との関係

スター制度は社員の現在の職能(技術力、コミュニケーション力等)を表すものです。現状より常に1つ上のレベルを目指し、それを達成した社員にはそれ相応の評価が必要です。当グループでは、一定のスターまでレベルを高めた職員には社内評価・賃金制度に基づいた手当が支給されます。      

認定試験日程

○サービス・スター(シングル☆) 
         (ダブル☆☆) 
         (トリプル☆☆☆) 
 
○ケア・スター       (シングル☆)    
              (ダブル☆☆)  
         (トリプル☆☆☆) 
 
○ケアマネ・スター(シングル☆)   
                          (ダブル☆☆)   
 

スター認定試験実績(令和2年度末時点での取得状況)

スター認定実績は次の通りです。
 
○サービス・スター(☆~☆☆☆は省略)
 ☆☆☆☆・・・6名
 ☆☆☆☆☆・・・2名
 
○ケア・スター
 
○ケアマネ・スター

介護福祉士国家試験受験対策講座

介護福祉士国家資格試験受験対策講座

当社では、当グループの社員を対象に介護福祉士国家資格試験を受験する者に対し、社内で受験対策講座を開講しています(希望者のみ)。グループ内の有能な先輩社員が講師となり、和やかな雰囲気のもとで学習していきます。

介護支援専門員試験対策講座

介護支援専門員試験受験対策講座

当社では、当グループの社員を対象に介護支援専門員試験を受験する者に対し、社内で受験対策講座を開講しています(希望者のみ)。
MVW総合サポート株式会社

〒850-0057
長崎県長崎市大黒町8-6
マツバヤビル3F
TEL.095-811-1300
FAX.095-811-1400
0
0
6
1
0
7
TOPへ戻る